コンテンツを分離します。

はてなブログPROのメリットが見えなくなったので、PROを退会する予定。

それに伴って、ラジコン系のエントリをBloggerに移行しようと思います。

移行自体はほぼ終わっていて、こちら。

https://try-anyway.blogspot.com/

移行が問題無いようであれば、こちらのラジコン系エントリを消します。

 

こちら(https://try-anyway.hatenablog.jp/)は、引き続き車とガジェット系で使っていく予定です。

今後ともごひいきに。

SOUNDPEATS TrueCapsule

またまたワイヤレスヘッドフォンを購入。
決して洗濯してしまって壊れたわけではない、決して。
f:id:mogyy:20190719204034j:image
割と高級感ありそうなパッケージ。
f:id:mogyy:20190719204043j:image
ケース。
f:id:mogyy:20190719204040j:image
本体御開帳。
今回はうどんタイプ。
イヤーピースタイプだとジョギングしてる時とか歩いてる時に落ちるのよね…。
f:id:mogyy:20190719204031j:image
母艦はバッテリー内蔵でMicroUSBで充電。
f:id:mogyy:20190719204037j:image
取り外すとこんな感じ。
ちょっとケースから取り出しずらいかも。
f:id:mogyy:20190719204028j:image
本体自体は重量も軽くて違和感はないと思う。
イヤーピースも複数ついているので、自分の体に合わせて調節すれば、ほぼ落ちない。
音に関しては、音が鳴れば何でもいいという人なので評価しないww
ちょっとドンシャリ気味だとは思うけれど。

レヴォーグのバッテリー交換

車検でバッテリーが弱ってると言われ、見積もりを貰ったらシャレにならない金額だったので、自分でやるわーとお断りして、早速Amazonへ。

レヴォーグはアイドリングストップ車なので、ちょっと違うバッテリーに。
まぁ、バッテリーはCAOS安定でしょって事で。
f:id:mogyy:20190623162523j:image
Amazonでポチって、到着
レヴォーグの1.6L(VM4)Q-100という型番でOK。
f:id:mogyy:20190623162547j:image
上から。
+が左のタイプ。
f:id:mogyy:20190623162559j:image
全体図。
かなり重いので腰に注意。
f:id:mogyy:20190623162533j:image
早速交換開始。
レヴォーグのバッテリーは、ボンネット開けて右下に居る。
外すために上に渡してある金具を取る。
10mmのナットで留まってる。
f:id:mogyy:20190623162544j:image
構造は簡単でU字フックになっていて、下に引っかかってるだけ。
f:id:mogyy:20190623162603j:image
この辺と。
f:id:mogyy:20190623162555j:image
この辺に引っかける。
f:id:mogyy:20190623162530j:image
実際に取り出すと、プラダンのケースみたいなのに入ってる。
f:id:mogyy:20190623162526j:image
入ってるだけなので、サクッと入れ替え。
f:id:mogyy:20190623162541j:image
載せる時に腰に注意してな…グキッっと来るよ…。
f:id:mogyy:20190623162551j:image
最初に外した金具を入れて固定。
ナットは両方均等に締まるように締めていく事。
f:id:mogyy:20190623162537j:image
さっくりと取付完了で、始動チェックして問題なければOK。
最近のスバル車はバッテリー飛ばすと、パワーウインドウのAUTO設定が外れるので、再設定が必要なのに注意。

その手順だけども
①ACCをON
②対象のドアのスイッチを使って窓を半分まで下げる
③スイッチを上にあげて、窓が閉まった状態でスイッチを1秒以上上げ続ける。
これで、AUTOでウインドウが動くはず。

Panasonic (パナソニック) 国産車バッテリー カオス アイドリングストップ車用 N-Q100/A3

Panasonic (パナソニック) 国産車バッテリー カオス アイドリングストップ車用 N-Q100/A3

 

 

 

KOKUYO しゅくだいやる気ペン 買ってみた。

KOKUYOから出たしゅくだいやる気ペンをゲット。
スタートアップで先行で出てた時から気になってて、正式発売になったので速攻ポチリ。
その時にサイトが落ちていたのはご愛嬌。
f:id:mogyy:20190719203754j:image
パッケージ。
アプリはiOS専用なので、iPhoneかiPadで。
f:id:mogyy:20190719203736j:image
裏面。
f:id:mogyy:20190719203747j:image
御開帳。
シュールな絵が。
f:id:mogyy:20190719203726j:image
内容物。
充電用のケーブルと説明書。
f:id:mogyy:20190719203723j:image
本体。
ちとそっけない感じかな。
f:id:mogyy:20190719203713j:image
ここが光る。
f:id:mogyy:20190719203744j:image
スイッチと充電用マイクロUSBポート。
f:id:mogyy:20190719203730j:image
全体像。
f:id:mogyy:20190719203710j:image
鉛筆差し込む所はねじ込み式。
f:id:mogyy:20190719203719j:image
マニュアル。
やる気パワー量の表。
みずいろを目指せ!w
f:id:mogyy:20190719203740j:image
説明書の全体。
f:id:mogyy:20190719203751j:image
スタートアップガイド。
アプリのインストールと設定も特に難しい所はない(はず)。
f:id:mogyy:20190719203716j:image
こんな感じでペアリング。

f:id:mogyy:20190719211529j:imageやる気パワー充電中。

子供の反応も取り敢えず上々。
アプリで色々ご褒美的な演出を入れながら、上手い具合に煽る煽るw

この辺を面白いと思って貰えればしめたものw

なかなか面白い取り組みだなぁと。

アプリをアップデートしていってギミックを増やしていく等のサポートしてくれれば長く使えると思うから、ぜひKOKUYOには頑張ってほしい。

Logicool M570t のスイッチ(オムロンD2F-01F)交換してみた(チャタリング対策)

マウスはトラックボールとトラックポイントしか認めない(過激派)。
トラックボーラー(?)にはスタンダードと思われるLogicoolのM570。

だが、こいつには持病みたいなものがあって、左クリックのマイクロスイッチがバカになりチャタリング現象を起こすようになる。
チャタリングってのは、一回しかクリックしてないのにダブルクリックになるみたいな事を言うんだけど、これが作業中に起こったりすると物凄いストレスになったりする。

保証期間中は大体新品交換してくれるんだけど、保証が切れると捨てるしかない。
が、良く良く調べてみると、結構簡単にスイッチを交換できるらしい。
その交換スイッチも電子パーツ屋さんで安価で日本製の物が手に入ると。

なら、三台スイッチがイカれてストックがあるので、試しにやってみて治ればラッキー的な?

で、早速部品集めから。
f:id:mogyy:20190525084734j:image
オムロン製のD2F-01F、これは日本製。
最初から付いてるのは中国製のD2FC-F-7N。
そりゃあ日本製使うよね?
f:id:mogyy:20190525084702j:image
必要な道具は、T6のトルクスと00番の+ドライバ。
トルクスはマウスのガワ外すのに必要。
+ドライバは中の基盤を外すのに必要。
f:id:mogyy:20190525084706j:image
で、早速だけど御開帳。
ボール読むセンサーがフレキケーブルで繋いであるので、コネクタを上げて丁寧に外す。
f:id:mogyy:20190525084726j:image
分かりにくいけど、黒い部分を上にあげるとロックが外れてフレキケーブルが抜ける。
f:id:mogyy:20190525084722j:image
で、ちゃっちゃと基盤を外す。
ネジは5本で止められてるけど、特に隠れてたりしないので直ぐ分かるはず。
f:id:mogyy:20190525084729j:image
ネジが外れたところ。
f:id:mogyy:20190525084716j:image
基盤を取り外して、対象となるスイッチのハンダをハンダ吸い取り線で除去。
線をほぐして上から被せて、コテで熱してやるとスムーズかも。
f:id:mogyy:20190525084709j:image
と、きれいにスイッチが取れる。
f:id:mogyy:20190525084720j:image
で、新しいスイッチを基盤載せて、外れないようにマスキングテープとかで仮固定。
f:id:mogyy:20190525084712j:image
足の部分にハンダを入れてやって、終了。
ラジコンやってる人なら、特に難しくもないと思われる。

組み立ては逆の手順で行えば特に難しい事は無いはず。
で、スイッチの違いだけどもD2F-01Fの方がクリック感がハッキリして、押してる感が強い。
これも好みだから何とも言えないけど、自分はD2F-01Fの方が好きかな。

スイッチの値段も安く、手間も大して掛からないのでM570t愛用してる人は、スイッチ交換覚えておくのは良いと思う。
M570t投げ捨てる第一要因はチャタリングだろうからw

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t