YZ-2CAL2にCAL3用のフロントウイングマウント付けてみる

CAL3で樹脂製のフロントウイングマウントが出たので早速付けてみた。

f:id:mogyy:20190813111404j:image

カッコいい。
f:id:mogyy:20190813111407j:image

部品はこれ。

他にはウイング固定用の皿ネジとナット、ステー固定用のステアリングポストのネジを長いのに換えないとダメ。
f:id:mogyy:20190813111400j:image

前から。

ちと、皿ネジが長過ぎたww

 

で、付けた感想は…。

 

フロントが食う感じがするのと、空中姿勢が良くなる気がする。

ヘタッピだから、ジャンプを開け気味で飛ぶもんで、頭が上がってしまう。

羽つけたらそんな事が少なくなった様な…??

2019年8月ラウンドレース

8月度ラウンドレースに参加。
暑い、ただそれだけ。

f:id:mogyy:20190804202548j:image
今回もGTストックとYD-2TCでエントリー。
YD-2TCが全く走らなくてな…、色々やってるんだけども、中々に上手くいかず。
GTストックはタイヤを新調した位でセットはそのまま。
f:id:mogyy:20190804202553j:image
予選は3回。
GTはそつなくこなせて、師匠と競り合う感じになり3回目の予選で0.3差で2番手ゲット。
YD-2TCは、どうにも車が安定せず頑張ったけど3番手。
後半の曲がりが悪くて、どうしても待たないといけないのがツライ…。
f:id:mogyy:20190804202543j:image
そして決勝。
GTから。
スタートのブザーが壊れたらしく、進行の方の口ブザー(?)でスタート。
思いっきり出遅れて(周りが動いてからびっくりしてスロットル握ったww)、後ろの師匠が神回避してくれたから良かったものの(すみません…)、序盤グダグダの展開。
何とか2番手キープで周回するも(でも中盤まで持ちこたえた…)、ストレートで交わされて3番手。
そこからビッタリ後ろについて離されないように周回(今まではここで離されて一人旅の展開が定番)。
なんと離されることなくゴールまで(最後にバックマーカー絡みでワンチャンありそうだったけどw)。
8分通して師匠相手にレースっぽくなったので、俺成長したな……と感慨にふけるなどw
f:id:mogyy:20190804202556j:image
YD-2TCは、GTとは逆にフライング気味でスタート(汗)
ポールの車が高速で巻いてクラッシュで、2番手に。
そのまま頑張って周回してたら、後ろからポールの車が!
予選時からレース後半に尻上がりで良くなるという謎の車が後ろから!!
数周頑張って抑えるも、あっさり交わされて追いかけるけど、ちょっとタイム差が大きすぎて追えずに3位キープでそのままゴール。
もう少し何とかしたいなー、これ。

さて、次はヨコグラ!
スケール仕上げないと!

SOUNDPEATS TrueCapsule

またまたワイヤレスヘッドフォンを購入。
決して洗濯してしまって壊れたわけではない、決して。
f:id:mogyy:20190719204034j:image
割と高級感ありそうなパッケージ。
f:id:mogyy:20190719204043j:image
ケース。
f:id:mogyy:20190719204040j:image
本体御開帳。
今回はうどんタイプ。
イヤーピースタイプだとジョギングしてる時とか歩いてる時に落ちるのよね…。
f:id:mogyy:20190719204031j:image
母艦はバッテリー内蔵でMicroUSBで充電。
f:id:mogyy:20190719204037j:image
取り外すとこんな感じ。
ちょっとケースから取り出しずらいかも。
f:id:mogyy:20190719204028j:image
本体自体は重量も軽くて違和感はないと思う。
イヤーピースも複数ついているので、自分の体に合わせて調節すれば、ほぼ落ちない。
音に関しては、音が鳴れば何でもいいという人なので評価しないww
ちょっとドンシャリ気味だとは思うけれど。

iCharger X6

またもや充電器を増やしてしまうの巻。
いや、前回購入から1年以上経っているはずだからセーフ!セーーーフ!(?)

最近流行り?のiChargerの充電器。
これも最近多いコンパクト型。
f:id:mogyy:20190726234520j:image
モデルはX6。
上位モデルにX8ってのが出てる模様。
許容電流が違うみたいね。
f:id:mogyy:20190726234514j:image
箱。
Banggoodで輸入でも良かったけどもセール時期逃してしまい、金額的に変わらないのでAmazonで購入。
f:id:mogyy:20190726234518j:image
内容物。
今時シングルCDとかww
本体と、X60のコネクタ2本のみと潔いパッケージ。
X60のケーブル別途持ってないとすぐに使えないという尖った仕様w
f:id:mogyy:20190726234523j:image
右側面にはファンとセレクトスイッチ。
このスイッチですべての動作を行うというね。
ちょっと頼りないのよね…w
f:id:mogyy:20190726234533j:image
裏面。
斜めにする為のスタンドがおまけ程度に付いてる。
f:id:mogyy:20190726234530j:image
左側面。
アウトプット側のX60コネクタ、バランスコネクタ、サーボテスト用コネクタ、SDカードスロット。
SDカードはログだとかアップデートだとかに使うとか何とか。
f:id:mogyy:20190726234536j:image
電源ONしてみた所。
狭い画面に情報盛り沢山で、老眼にはツライ充電器だなコレw
f:id:mogyy:20190726234539j:image
ケーブル繋いでみた所。
バランスがちょっと遠い。
f:id:mogyy:20190726234526j:image
バッテリー繋いだ状態。
セル単位の電圧、タブを切り替えればセル単位の抵抗値も見れる。
ちょっと操作に癖があるUIなので慣れるまでキツイ。

使ってみた感じ、バランス取るのも速いし、かなり正確にモニタ出来ている様なので面白い充電器だなというのが第一印象。
パワー感が違うとか良く分からんので、実際にレースで使ってみてどうか判断してみたいと思う。
ダメならAR1に戻ーす。

 

レヴォーグのバッテリー交換

車検でバッテリーが弱ってると言われ、見積もりを貰ったらシャレにならない金額だったので、自分でやるわーとお断りして、早速Amazonへ。

レヴォーグはアイドリングストップ車なので、ちょっと違うバッテリーに。
まぁ、バッテリーはCAOS安定でしょって事で。
f:id:mogyy:20190623162523j:image
Amazonでポチって、到着
レヴォーグの1.6L(VM4)Q-100という型番でOK。
f:id:mogyy:20190623162547j:image
上から。
+が左のタイプ。
f:id:mogyy:20190623162559j:image
全体図。
かなり重いので腰に注意。
f:id:mogyy:20190623162533j:image
早速交換開始。
レヴォーグのバッテリーは、ボンネット開けて右下に居る。
外すために上に渡してある金具を取る。
10mmのナットで留まってる。
f:id:mogyy:20190623162544j:image
構造は簡単でU字フックになっていて、下に引っかかってるだけ。
f:id:mogyy:20190623162603j:image
この辺と。
f:id:mogyy:20190623162555j:image
この辺に引っかける。
f:id:mogyy:20190623162530j:image
実際に取り出すと、プラダンのケースみたいなのに入ってる。
f:id:mogyy:20190623162526j:image
入ってるだけなので、サクッと入れ替え。
f:id:mogyy:20190623162541j:image
載せる時に腰に注意してな…グキッっと来るよ…。
f:id:mogyy:20190623162551j:image
最初に外した金具を入れて固定。
ナットは両方均等に締まるように締めていく事。
f:id:mogyy:20190623162537j:image
さっくりと取付完了で、始動チェックして問題なければOK。
最近のスバル車はバッテリー飛ばすと、パワーウインドウのAUTO設定が外れるので、再設定が必要なのに注意。

その手順だけども
①ACCをON
②対象のドアのスイッチを使って窓を半分まで下げる
③スイッチを上にあげて、窓が閉まった状態でスイッチを1秒以上上げ続ける。
これで、AUTOでウインドウが動くはず。

Panasonic (パナソニック) 国産車バッテリー カオス アイドリングストップ車用 N-Q100/A3

Panasonic (パナソニック) 国産車バッテリー カオス アイドリングストップ車用 N-Q100/A3