ラウンドレースR209に参加してきた。


f:id:mogyy:20170906204303j:image
GTはなぜかとんでもなく調子良くて、予選3位、決勝2位と過去最高の出来。
何がいいのかサッパリ分からないけど、次のヨコグラまで調子がいいのが続けば全日本の出場権取れると思んだけども。
f:id:mogyy:20170906204314j:image
YD−2はニューボディで挑むも、ヨコグラ前より0.3程度遅い。
理由が分からない…。
多分タイヤか???
予選7位、決勝5位とまぁソコソコの結果。
ちょっと色々思う所あるので、次頑張ろう。


PGS-LH設定(備忘録)

このPGSサーボは初期設定がとにかく分かり辛い。
ほんとこの辺はサンワはどうにかしないのかね。
忘れそうなので、備忘録的に書き残しておく。

1.受信機のSSLポートにPGSサーボのコネクタを差す。
  受信機はSSL対応のみなので、47T、472、482の三つのみ。
  要はテレメトリ対応受信機のみ。
f:id:mogyy:20170819221620j:image
2.AUX2をコード10に設定する。
 SYSTEMメニューから、TYPE AUXへ移動して、AUX2をコード10に変更する。
f:id:mogyy:20170819221719j:image
3.レーシングモードに入ってコードセットAUX2でコードをセットする。
 ここが、個人的に分かりづらかった。
 下の画面はAUX1だけど、初期はAUX2も同じ。

 CODEXXの名称を変更してやる。
 マニュアルとかはここの名称を変更した後で書かれてる。
 なんで、名称を変更しないとマニュアルの意味がわからん事になる。
f:id:mogyy:20170819221733j:image
 名称を変更しつつ、設定値を入れていく。
f:id:mogyy:20170819221746j:image
 この辺は、サンワのHPの設定サンプルをレーシングモードの1~5に割り当てて試す感じなる。

で、SSL−CHを変更する事でサーボに設定情報を書き込む事ができる。
①SSL−CH1(ステアリングサーボ)へ設定値を保存する場合は、SSL−CH(CODE1):[−91]に設定。

②送信機のメニューカーソルをAUX2のCODE1の設定値上で合わせた状態で、ENTERキーを長押しして設定値を[0]にして書き込み完了。
書き込んだら、受信機のSSLポートじゃなく、CH1でSSRモードでサーボが使える。

多分、PGSサーボの使い方って、SSLモードで設定を色々弄ってセッティング決めたらサーボに書き込んでSSRモードで利用するって感じなのかな???

 
分かりやすさなら、セッティングギヤ使った方が分かりやすいかもしんないw

三和電子機器 PGS-LH ロープロファイルサーボ 107A54471A

三和電子機器 PGS-LH ロープロファイルサーボ 107A54471A

 
三和電子機器 PGS セッティング ギヤ 107A90591A

三和電子機器 PGS セッティング ギヤ 107A90591A

 

 

PGS-LHを買ってみた

この間のヨコグラでSRG−BLSが死亡。
なので大散財、後悔はしていない。
f:id:mogyy:20170819173349j:image
馬鹿高いサーボだけあって、ケースとか凝った処理してる。
フルアルミケースかっこいい。
f:id:mogyy:20170819173400j:image
発売当時から値段上がってるね?
発売当時は17000円(税込)近辺だったけど、最近は18000円(税込)近辺になってる。
しばらくすれば安くなるかも?
f:id:mogyy:20170819173414j:image
内容物。
マニュアルがそこそこ厚い。
保証書とか初めて見たわ。
f:id:mogyy:20170819173427j:image
本体。
フルアルミケースで、スリット彫り込み。
f:id:mogyy:20170819173440j:image
そして、MAID IN CHINAの文字が。
似たようなプログラマブルサーボのKOはMAID IN JAPAN…。
いや、何が悪いって訳じゃないんだけどね…。
f:id:mogyy:20170819173456j:image
これも初めてみるCEマーク。
なんでこんな所に貼るかな…w
f:id:mogyy:20170819173533j:image
ギヤの色がちょっと違う。

さて、どうなることやら。

三和電子機器 PGS-LH ロープロファイルサーボ 107A54471A

三和電子機器 PGS-LH ロープロファイルサーボ 107A54471A

 

RYOBI 充電式ドライバドリル BD−361

電動ドライバー買ってみた。
リョービ製のBD−361。
色々な事に使えそうなので(と言い訳)。
f:id:mogyy:20170816150722j:image
ピストル型に折れたりする。
f:id:mogyy:20170816150736j:image
LEDで先を照らすんだけども、暗闇作業じゃなければ割と要らないかもw
回転速度的には結構ゆっくり回る(個人的感想)んで、止める際は割と簡単に止められると思う。
クラッチもついてるけど、ラジコンにはクラッチ強すぎ。
締め切るまで回してしまうと間違いなく舐める(特に樹脂)と思うんで、注意。
f:id:mogyy:20170816150748j:image
グリップも滑りにくくて使いやすいと思う。
f:id:mogyy:20170816150801j:image
アダプタは専用。
USBでも良いんじゃないかなー。

ビットは普通のドリル用のが使える。
タミヤのTRFシリーズのドリル用ビットオススメ。
特に7mmBOXは精度が出てるのかナットがピッタリはまって使いやすい。


f:id:mogyy:20170819173638j:image

タミヤ TRFシリーズ No.143 電動ドライバー用チップ 7mm BOX 42243

タミヤ TRFシリーズ No.143 電動ドライバー用チップ 7mm BOX 42243

タミヤ TRFシリーズ No.142 電動ドライバー用チップ六角 2mm 42242

タミヤ TRFシリーズ No.142 電動ドライバー用チップ六角 2mm 42242

KENWOOD ドライブレコーダー DRV-320

PAPAGOが突然死したので、代替のドラレコを購入。
ドラレコも大分こなれてきて、国産もやっとマトモな性能になってきた。
なんで、今回は国産をチョイス。

適当な値段で、GセンサーとGPS付きで国産と考えるとこの辺か?
f:id:mogyy:20170819173022j:image
ということで、選んだのはKENWOODのDRV−320。
付属のMicroSDカードが8GBのモデル。
SDカード違いでDRV−325というのもあるので、32GBのメモリが必要な場合はこちらを。
今回は32GBのMicroSDが余ってたので安い8GBを選択。
f:id:mogyy:20170819173036j:image
仕様諸元。
最低限の性能はもってそう。
f:id:mogyy:20170819173049j:image
開封の儀。
本体はカバーシール付き。
f:id:mogyy:20170819173101j:image
中身。
本体とステー、CDROMとSDカード。
思ったより少ない。
f:id:mogyy:20170819173113j:image
本体とステー。
かなり小型。
f:id:mogyy:20170819173128j:image
国産らしく、画面とレンズ部にカバーシールが貼ってある。
ステーはボールジョイントだけどかなり渋い。
冬だと折れるんじゃないかという位渋い。
f:id:mogyy:20170819173145j:image
電源ON。
初期電源投入時に5分くらい充電しろという指示が。
内蔵バッテリーにある程度入ってないとダメっぽい。
で、GPS付きなんで衛星掴んでる写真を。

GPS付きを選ぶのは、緯度経度を記録できるってのがデカイ。
また、時刻合わせとかも必要なくなるし、正確。
ドラレコでは必須機能だと思うけど、売れ筋には付いてなかったりするんだよねぇ。
f:id:mogyy:20170819173201j:image
で、レヴォーグに取り付け。
以前のPAPAGOの場所に余裕で入る。
ワイパー用のセンサー下(バックミラー裏)に設置。

電源は、MiniUSBなんでそのまま配線を流用可能。
電源はMiniUSBがデファクトスタンダードになったっぽいね。
f:id:mogyy:20170819173215j:image
外から。
コンパクトなんで目立たず、いい感じ。
アイサイトの邪魔もしなさそうでナイス。
(国産なんで電磁シールド処理はしっかりしてるハズ(スペックにも書かれてる))

まだ使い始めて日も浅いけど、オススメ出来るドラレコだと思う。

ケンウッド(KENWOOD) スタンダード ドライブレコーダー DRV-320
 
ケンウッド(KENWOOD) スタンダード ドライブレコーダー DRV-325