TN-341 倒立式サーボマウントを入れてみた。

TNレーシングから出てる倒立式サーボマウントを入れてみた。

YD-2S用とあるけど、まぁYD-2にも載る訳で。

f:id:mogyy:20180429190753j:image

そこそこ良いお値段するけど、モノは良いと思う。
アッパーデッキが干渉する可能性があるのが問題(YD-2だけ)。
シャーシが固すぎるかと思ったので、アッパーデッキは樹脂とEX用をフラフラしております。
アッパーデッキ固定用のビスはアルミと鉄をフラフラ。
要は違いが判らないだけなんですけどねー。

f:id:mogyy:20180511231113j:image

で、積んでみた。
これは多分サーボとサーボセイバーを選ぶ。
PGS-LHはちょっと背が高く(数ミリレベルだけど)、組み合わせるサーボセイバーによってはアッパーデッキに見事に干渉。
写真の様に2.5mm浮かすハメに。
この後サーボセイバーを薄型の別のものに見直す事でスペーサー無しに出来た。

(ちなみに、YD-2S用のブリッジ使ってるので、スペーサーで浮かしてます)


TNさんのBlogの所にEPAの差が無くなるとあるけど、ウチはそんなことは無かったww

で、効果はというと…良くわからんでした…ハイ。
存在するか分からないが、YD-2TCの縦置きバッテリー採用してるメンバー(?)達には、バッテリー搭載位置が1cm近く前に出せるので、そこがポイントになるかもしれない。
実際、うちも5mm程度前に位置決めして設定してある。

つか、そもそもBD脚+バッテリー縦置きという組み合わせの人居るの???

どーなってるの?

21.5Tのコンボ買いました。

f:id:mogyy:20180514225602j:image

決して逆接で燃やしたんじゃないよ!!

ないんだからね!(ツン)

 

で、早速開けてみた。

f:id:mogyy:20180514225713j:image

 

f:id:mogyy:20180517083728j:image

21.5Tのコンボを買ったはずなのに、8.5Tが入ってた。

何を言ってるか分からねーと思うが(以下略)

 

ヨコモさんの品質管理マジでどーなってるのさ?

封印切って開けてみて、そら二度見するよね?w

二度手間ですよ、予定狂いまくりですよ。

今回お店で買ったから、快く交換対応してくれるみたいだけど、通販で買ってたら超絶面倒だよね?この案件。

ヨコモグランプリrd.36に参加してきた。

ヨコモグランプリRd.36に参加してきましたよ。
いつものGTストックとYD-2TCスケールですよ。
f:id:mogyy:20180506211955j:image
コースは1/12全日本前?って事で、珍しくコース変更&周回方向の変更なし。
変に路面に困らされる事は無いはず。

f:id:mogyy:20180506212010j:image

朝一のドライバーズミーティング。
そして予選。

まず、YD-2TCスケール。
新インナー、新タイヤで事前練習は調子良かったものの、直前にしたモーターメンテが裏目に出たらしく、スピードと力が無い感じに。
気持ちよく走れてるんだけど、タイムは振るわず。
18秒真ん中より前で揃えられれば14周入るはずなんだけど、とてもじゃないが届かない感じに。

f:id:mogyy:20180506212028j:image

なんだかんだで3番グリッド。
50gハンデが地味に効いていると思いたいが、モーターだよねぇ。

 

続いてGTストック。
こちらは足が浮き気味で、いつひっくり返るかヒヤヒヤしたものの、14周入れることが出来て、3番グリッド。
25gハンデ積みながらこの位置は頑張ったと思うんだ。

f:id:mogyy:20180506212042j:image
こっちのモーターはそこそこ回ってるのか、タイムは良いんだよなー。
直前にESCの設定変えたのが良かったのかもしれない。

スポーツコースをちらりと。

f:id:mogyy:20180506212100j:image
どちらも3番グリッドスタート。
前の方は緊張する。

f:id:mogyy:20180506212116j:image
YD-2TCスケール用の決勝用バッテリーは、先月のラウンドレースの決勝以来だったので、初めて放電→充電とやってみたけど、これがまずかったらしい...。

YD-2TCスケールの決勝から。

決勝は奇麗にスタートして、前の2台を追うも圧倒的にスピードが足りず、ズルズルと置いて行かれる展開。
頑張るんだけど、どうにもタイムが上がってこない。
バッテリーがお眠な感じ。
結局3位の一人旅となって、淡々と周回してゴール。
結果のアベレージ見てもいつもより0.4近く遅いので、本番で何やってるの?と自分を責めるしかww
ちょっと、色々考えすぎてる気がするので、一端全部リセットしようかなと。

f:id:mogyy:20180507163339j:image

結果、トップから6秒離されるという。
次、がんばろう。

続いてGTストック。
こちらも奇麗にスタート出来て、2位を追いかけて周回。
途中で、2位の方が捲れたので、ポジションアップ。
そのまま前を追うも全く詰まらないので、ペースコントロールされてたww

後ろからもジリジリと追い上げられていて、視界に入ってきちゃう(汗)。
終盤フラフラして手が震えるも、何とかポジションキープして2位ゴール。

f:id:mogyy:20180506212325j:image
タイム差以上の差があるんだよなぁー。
けど、2位を取れるなんて超上出来で、うれしい限り。
しかし、ウェイトハンデが50gになったんだよな...。

f:id:mogyy:20180506212337j:image
Newカラーのボディで表彰台乗れてよかった。
シレっとスケールはスープラに。
ウェイトハンデが75gになるので、次はZ33使うぜ!(予告)

 

ニンテンドーラボ(NINTENDO LABO)買ってみた。

発売日に買ってた。
何が凄いって、アイデアが凄い。
無駄に高性能なリモコンとか、この為にあったのかと。

f:id:mogyy:20180421133343j:image

買ったのはバラエティキット。
ロボットだと子供達が戦争になりそうだったので。

f:id:mogyy:20180421133352j:imageソフト(説明書兼ねる)と段ボール。
段ボール刷るとお金になる任天堂すごい。

f:id:mogyy:20180421133402j:image小物たち。
特別なものじゃなくて、普通にそこに転がってる輪ゴムとかだからね。
昔はこうやって工夫して遊んだんだけどなぁ。

f:id:mogyy:20180421133415j:image

段ボールが凄い入ってるw

f:id:mogyy:20180421133425j:image

で、子供たちが夢中になって丸一日組んでた。
NORとXNORの説明とか、アナログとデジタル信号の取り方とか、分かりやすく、面白おかしく伝える工夫がされていて、小学校辺りからこんな教材に触れて、夢中になってる子供が大きくなったら、どんなアイデアとか凄い事考えられる人になるんだろうね。

Nintendo Labo (ニンテンドー ラボ) Toy-Con 01: Variety Kit - Switch

Nintendo Labo (ニンテンドー ラボ) Toy-Con 01: Variety Kit - Switch

 

 

iPHoneX 用のSPIGEN ULTRA HYBLID & GLAStR SLIMを買ってみた。

最近お気に入りのSPIGEN。
値段とモノのバランスが取れてると思う。
f:id:mogyy:20180402193546j:imageガラスフィルム。
コーティングもスベスベで、サイズや縁のR処理も問題ない。

f:id:mogyy:20180402193553j:imageこちらはケース。
縁周辺全部をカバーしてくれてるので、クソ高い端末を傷つけたくない人には安心。

f:id:mogyy:20180402193602j:imageSPIGENのフィルムの良い所は、張る際の位置決めとかが非常に簡単で楽なこと。
これで失敗する人は、何使ってもダメな気がするよ…。

f:id:mogyy:20180402193610j:imageケースはこんな感じ。
背面がクリアなので、ステッカー張るなりカスタマイズするのが吉。