TN-341 倒立式サーボマウントを入れてみた。

TNレーシングから出てる倒立式サーボマウントを入れてみた。

YD-2S用とあるけど、まぁYD-2にも載る訳で。

f:id:mogyy:20180429190753j:image

そこそこ良いお値段するけど、モノは良いと思う。
アッパーデッキが干渉する可能性があるのが問題(YD-2だけ)。
シャーシが固すぎるかと思ったので、アッパーデッキは樹脂とEX用をフラフラしております。
アッパーデッキ固定用のビスはアルミと鉄をフラフラ。
要は違いが判らないだけなんですけどねー。

f:id:mogyy:20180511231113j:image

で、積んでみた。
これは多分サーボとサーボセイバーを選ぶ。
PGS-LHはちょっと背が高く(数ミリレベルだけど)、組み合わせるサーボセイバーによってはアッパーデッキに見事に干渉。
写真の様に2.5mm浮かすハメに。
この後サーボセイバーを薄型の別のものに見直す事でスペーサー無しに出来た。

(ちなみに、YD-2S用のブリッジ使ってるので、スペーサーで浮かしてます)


TNさんのBlogの所にEPAの差が無くなるとあるけど、ウチはそんなことは無かったww

で、効果はというと…良くわからんでした…ハイ。
存在するか分からないが、YD-2TCの縦置きバッテリー採用してるメンバー(?)達には、バッテリー搭載位置が1cm近く前に出せるので、そこがポイントになるかもしれない。
実際、うちも5mm程度前に位置決めして設定してある。

つか、そもそもBD脚+バッテリー縦置きという組み合わせの人居るの???