ISDT FD-100 SMART DISCHAGER

またISDT製品を買ってしまうの巻。

購入したのは、放電器。
8セル、6Aまで放電出来て、デフォルトだと3.8Vでオートカットする。
電源必要なしで、直接バッテリー繋いで放置しておけば、勝手に放電をしてくれる。

最近Lipo使うのが多いけれど、容量使い切るって事はほぼ無くて8割近く余ってるとかザラ。
その日の終わりに使った分の本数の放電してやらないといけない。
充電器で放電すれば良いんだけど、電源用意したりとか割と面倒。

探してみると放電器ってあんまり無い上に、あったとしても高いとか、ニッカド、ニッスイ用の放電器はあるけど、リポで使えないor常に監視する必要が有るとか中々に痛し痒しの状況だった。

で、見つけたのがISDTのFD−100。
Linkerがあれば、PCでデフォルト設定変更可能。
コンパクトだし、お値段もそこそこなので購入してみた。

f:id:mogyy:20171118115227j:image
内容物一覧。
本体とステッカー、マニュアルに固定用の足のスポンジ。
実はFD−100って日本で売ってないんで、海外から入れてくる必要ある。
で、画像の箱の凹み具合を見てもらうと分かるように、割と博打(笑)
ここまで凹んだのは初めてだったので、ダメかと思ったけど動いたのでOKとする。

f:id:mogyy:20171118115238j:image
フロントパネルにセルと放電電流の設定用ボタンと、ステータスランプ。

f:id:mogyy:20171118115250j:image
側面は、Linker用の端子と、冷却ファン。

f:id:mogyy:20171118115300j:image
反対側面は吸気口とXT60コネクタ(バッテリー接続用)

f:id:mogyy:20171118115313j:image
ケーブル繋ぐとこんな感じ。

f:id:mogyy:20171118115325j:image
マニュアル。
①バッテリー繋ぐ
②セル数を設定
③放電電流を設定
④5秒後放電開始
⑤放電完了後にブザーでお知らせ&60秒後にパワーオフ。
放電のデフォルトは3.80v/Cell。
PCから設定かければ、3.3V〜4.0V/Cellに変更可。
という事はLiFeは設定変更しないと厳しい(LiFeはそこまでしなくて良いという話も)

使ってみた感じ、操作も難しく無く、電源も繋がなくて良いし、本体もコンパクトで軽い。
バッテリー繋いで6A放電で放置しておけば、そこそこな時間で放電完了してくれるので、これは良いかも。

www.banggood.com