TA07にオプション組み込んだ。

TA07にオプション第二弾を組み込み。
センタープーリーとカーボンダンパーステー前後。
f:id:mogyy:20161010151234j:image
カウンタープーリーを組み込み。
f:id:mogyy:20160919203041j:image
もともと18Tのオプションの樹脂プーリー組んでたんだけども。
f:id:mogyy:20160919203049j:image
純正プーリーとアルミのプーリーの比較。
ベアリングサイズとかも変わってるんで、耐久性と許容トルクが上がってるハズ。
アルミだけに精度も期待出来ると思いたい。
f:id:mogyy:20160919203612j:image
組み込み完了。
来月出るモーターマウントのアルミステーで、大まかに完了の予感。
f:id:mogyy:20160919203055j:image
こんな感じで、例によって違いが分からないw

で、ダンパーステー。
カーボンの角面の処理が下手なのは見逃す方向で。
f:id:mogyy:20161010151418j:image
ステーが固すぎて、バルクが歪むというね。
あんま意味ない??
でも、穴の数が倍になってるんでセッティング幅は広がってるハズ。
f:id:mogyy:20161010151428j:image
リアも。
リア側はボディーのステーにAパーツの予備が必要になるので注意。

 ステーが固くなったおかげでダンパーの変化が分かりやすくなった感じ。
下手すると樹脂ステーの方が良いかもしれない(曖昧さが)。