読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レヴォーグ(LEVORG)のシフトパネルにカーボン柄のカッティングシートを貼る

LEVORG

ぶっちゃけ失敗したと思ってる(告白)。
しかし、日差しの強い間はこのままで行く。

結論として、良いカッティングシート買いましょう(意味深)。

まず、シフトパネルまでアクセスするためにコンソールをバラす。

サイドブレーキのパネルを外す。
内装剥がしでこじれば取れるはず。
f:id:mogyy:20150508121559j:plain
ボルトが二本あるので、外しておく。
ここから写真が無いのだけど、いきなりシフトパネルを外そうとすると、爪が壊れるので(実際に壊しかけた)、コンソールボックスを外すのが先。
順番として、サイドブレーキのパネル→コンソールボックス→シフトパネルの準。

f:id:mogyy:20150508121612j:plain
いきなり外れてるの図。
シフトパネルの下に、キーレスのセンサーがある。
これのコネクタ抜いちゃうと、キーレスが反応しなくなるのでエンジン掛けられなくなるので注意(厳密にはスタートスイッチにキーを当てながらスタートすればエンジン始動可能)。

サイドブレーキパネル。

f:id:mogyy:20150508121606j:plain
サイドブレーキパネルの裏。
クリップは4か所。

f:id:mogyy:20150508201805j:plain
シフトパネル?シフトコンソール?
銀メッキの所は取り外し可能。

f:id:mogyy:20150508201732j:plain
コンソールの裏側。
真ん中の茶色の細長いのがキーレスのセンサー。

f:id:mogyy:20150508201750j:plain
シフトの銀色部分の裏側。
爪とタッピングビス2本で固定されてる。

f:id:mogyy:20150508201741j:plain
で、いきなり施工後。

f:id:mogyy:20150508221949j:plain
遠くから見れば問題ない。
問題ない(言い聞かせるように)。

f:id:mogyy:20150508222229j:plain
コンソールに合体。

f:id:mogyy:20150508222247j:plain
サイドのパネルと並べて。

で、取り付け。
ついでにシフトレバーのピアノブラックの部分もカッティング貼っておいた。

f:id:mogyy:20150510160855j:plain
遠くから見ればそれなり。
近くで見てはいけない。

で、効果だけど、マスキングカラーと合わせてシフトポジション表示以外の部分は反射しなくなった。
日差しが強い時でも、シフトパネル側から視界を邪魔されることが無くなったので、取り敢えずは目的を達成。

しかし、シフトパネル部分の反射で困ってる人、イライラしてる人とか居ないのかな?