読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキーブーツが加水分解で壊れた

滑走中にバックリ。

危なかった。
f:id:mogyy:20141220173820j:image

スキーブーツにも賞味期限がある。
加水分解をどうしても起こすので、5年程度を目処に痛んでなくても捨てた方が安全。
 
保存状態で寿命が左右される。
湿気の多い所は最悪。
風通しのよい、日の当たらないところに保管できれば、長く使えるかも。
 
ちなみに、このブーツは2001-2002モデル。
12年使った事になる。
そんなに使うなよって話だけど、フォーミングしてかなり金を掛けて作って、超足にフィットしてたから思い入れがあってズルズルと…。

f:id:mogyy:20141221093215j:plain

これが破断面。

裂けたか千切れたか。

f:id:mogyy:20141221093227j:plain

第四バックルがバックリ。

加水分解を起こすことで、柔軟性が失われていく。

また、強度も落ちていく。

低速な所で壊れれば良いが(良くないけど)、高速ターンとかコブとかで壊れたら大怪我する事間違いなし。

傾向としてはブーツ表面に白い粉が吹いたようになる。

こうなると多分もう駄目。

使うのを止めた方が良い。

 

なので泣く泣くブーツを廃棄して、新しいブーツを買いにいかないと…。

今シーズン始まったばっかりなのに…。